img20170109140432516618.png miyazaki2.png fusen.png

 

数学専門塾で新たな発想・考え方・効果的学習法を身につけよう

数学の本質に気付いていますか?

今、数学が嫌いでも、新たな数学との出会いで一変するかもしれません。  一つの単元ができるようになると、自分の能力に自信が生まれます。「次の単元もできるようになりたい。」「今回のように努力すればできそうだ!」という気持ちが芽生えれば、勉強の正の連鎖が始まります。そして、努力の成果が成績アップという形で現れれば、さらにやる気が出てきます。   
  正の連鎖が始まれば、自分自身をしっかりと見つめ直すことができるようになります。自分がどうすればよいのか、どうなりたいのかが見えてくるということです。  そして、「もっと難しい問題を解けるようになりたい。」「難しいけど、解けるまであきらめないで考えるぞ。」という意識・行動に変わっていきます。より明確で高い目標に向かって粘り強く取り組めるようになり、さらに自分の能力を引き出していくことができるようになるわけです。 →《自分の力、再発見!!》

数学マンツーマン指導
数学の本質を理解することから
習熟度を高めるための
勉強の仕方まで指導

数学個別指導コースは、中学数学から大学受験対策まで
塾長  片桐秀一(東京理科大学数学科卒)が指導します。

 
現在の成績ではなく、
真剣に学ぼうとしている生徒を
募集しております。(少人数制)
 
学習改善計画をご提案します。

ひとりひとりに合った学習法からスタート。 好循環が生まれる指導を目指しています。

 
演習で身につける学習
思考力育成
学習法を工夫・実行できる生徒

公式に当てはめて解いているような 作業的学習ではなく、 思考力を育て、本質を捉え、 応用力を鍛えていく学習を行ないます。
 

 

勉強とは次の2つのタイプが考えられます。
①    例えば、数学で公式に当てはめて問題を解く、素早く計算をする、このように作業的に学習するタイプ
②    考え方・思考力を論理的に組み立てて点(単元)と点(単元)をつないで全体像が見える学習のタイプがあります。
 
前者の学習タイプだけを勉強と思っていませんか?
実は、後者まで勉強をしなければ、真の実力を発揮することができないのです。
 
勉強をすることによって、さまざまな発想と気づきが生まれてきます。
しかも、それを、試行錯誤しながら試行を繰り返し、具現化していく大きな力となるのです。
 
勉強によって、身に付ける力は、様々あります。
数学では、規則性・関連性を読み解く力・創造力・イメージ力・そして発想力の転換など、
学び続けても、さらに新たな課題が出てきます。それでも、それらを苦戦しながら何とか乗り越えようとする粘り強さ(忍耐力)が必要です。
それらを身に付けることが、真の勉強なのかもしれません。
 
勉強の過程に中にこそ、自分の力を、再発見できるものがあります。
 
                                          塾長 片桐秀一(東京理科大卒)